四大陸フィギュアスケート選手権2018男子フリープログラムの滑走順結果をまとめています。またテレビ放送のタイムテーブルもご紹介いたします。フジテレビ系列で放送されます。

 

Sponsored Link



 

 

 

四大陸フィギュア男子ショートの滑走順と結果順位速報

四大陸フィギュア男子フリー滑走順と結果速報

 

※得点はショートとフリーの合計得点です

第1グループ

1、レスリー・イプ(香港)

得点 150.23点

2、ドノバン・カリーリョ(メキシコ)

得点 185.91点

3、張鶴(中国)

得点 184.82点

4、アブザル・ラクムハリエフ(カザフスタン)

得点 175.58点

5、イ・シヒョン(韓国)

得点 177.07点

6、アン・ジョンヒョン(韓国)

得点 180.26点

 

第2グループ

7、ケビン・レイノルズ(カナダ)

得点 241.50点

8、イ・ジュンヒョン(韓国)

得点 211.86点

9、アンドリュー・ドッズ(オーストラリア)

得点 177.81点

10、曹志禕(台湾)

得点 195.21点

11、ジュリアン・ジー・ジェイ・イー(マレーシア)

得点 197.68点

12、グラント・ホッホスタイン(アメリカ)

得点 226.39点

 

第3グループ

13、エラッジ・バルデ(カナダ)

得点 238.02点

14、無良崇人(日本)

得点 225.41点

15、デニス・テン(カザフスタン)

得点 210.82点

16、ナム・グエン(カナダ)

得点 237.52点

17、ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)

得点 248.96点

18、ブレンダン・ケリー(オーストラリア)

得点 219.95点

 

第4グループ

19、ジェイソン・ブラウン(アメリカ)

得点 269.22点 3位

20、マックス・アーロン(アメリカ)

得点 255.45点

21、閻涵(中国)

得点 227.93点

22、宇野昌磨(日本)

得点 297.94点 2位

23、田中刑事(日本)

得点 260.31点

24、金博洋(中国)

得点 300.95点 優勝!!

 

Sponsored Link



 

四大陸フィギュアスケート選手権2018放送タイムテーブル

※フジテレビ系列で生中継です

 

1月25日(木) 女子ショートプログラム

15時50分~16時50分【関東ローカル】

1月26日(金) 男子ショートプログラム

15時50分~16時50分【関東ローカル】

 

1月26日(金) 女子フリー【LIVE】

19時57分~21時49分【全国ネット】

1月27日(土) 男子フリー

19時~20時54分【全国ネット】

 

フジテレビフィギュアスケート中継ナビゲーター

髙橋大輔
解説
女子:荒川静香

男子:本田武史

 

四大陸フィギュア選手権2018男子シングルのみどころ

2018フィギュアスケートの最初の大きな国際試合がこの『四大陸フィギュアスケート選手権2018』となります。

この大会はヨーロッパを除く4つの大陸(アメリカ、アジア、アフリカ、オセアニア)から選手が集まり、毎年開催されている大会です。

今年は、例年と違い、来月に平昌オリンピックが開催されるため、海外の多くの有力選手も、目前に迫るオリンピックを見据え、続々とエントリーされているのが特徴。

日本代表は、宇野昌磨選手田中刑事選手無良宗人の3人です。

羽生選手やネイサン・チェンが不在の今大会は、宇野選手が優勝候補の筆頭といわれています!

ショートの首位は宇野昌磨選手、2位に金博洋(中国)、3位に田中刑事選手がつけています

宇野選手は大台超えとなる100.49点。3回転トーループを堅実さを取り2回転に落とすという100%ではない内容でしたが中国の金博洋が完璧な演技で叩き出した100.17点を上回りました。

宇野選手のレベルはやっぱり凄いのですね。そして宇野選手が追いかける羽生選手となると・・・本当に凄いですね(^^)

最後に

オリンピック目前の大事な大会で、日本選手3人の魅せる演技が楽しみです。無良選手も上位にくいこんで欲しいですね

応援しましょうね\(^o^)/今夜のテレビはライブではないですが、3人の演技をしっかりと拝見させていただきたいと思います

 

 

関連記事

四大陸フィギュア男子ショート滑走順と結果順位速報2018!宇野は大トリ滑走、田中は最後から2番目!

四大陸フィギュア女子フリー滑走順と結果順位速報2018!宮原知子大トリ滑走!

四大陸フィギュア女子ショート滑走順と結果順位速報2018!宮原最後から2番目の22番、坂本19番滑走

Sponsored Link