お正月が明けたら、七草の出番がやってきます!

おかゆ以外レシピ七草をいただきたいなあと思って、今年はとっても簡単な鍋で七草!を思いつきました。

七草効能とともにまとめてご紹介いたします(^^)

 

Sponsored Link



 

 

七草をいただく理由と効能

 

 

1月7日にいただく、七草は春の七草と言われます。

1月7日にお粥をいただくというのはもともと中国の無病息災を願った風習だそうで、日本では平安時代からはじまったそうです。

以下の7つになります。全く覚えられず、毎回調べてしまう私です(笑)

 

セリ 

熱を冷まし、更年期の障害を和利尿作用、熱を冷まし、貧血や更年期の障害を和らげますらげます

なずな

鉄分が多く含まれ造血作用で貧血に効く

はこべら

タンパク質が比較的多く含まれ、ミネラルそのほかの栄養も豊富です

スズナ・スズシロ

消化を助ける酵素が多く含まれており胃腸の疲れを取ってくれます。母乳の分泌を良くするとも言われています

ホトケノザ

高血圧を予防し胃腸の働きを整えます

ゴギョウ 

咳やのどの痛みを和らげます

 

お粥にすることで胃腸を整えるのかと思っていましたが、七草自体にもこんな凄い効能があるんですね!(^^)

これはぜひ、七草をたっぷりいただくべきですね!

 

ちなみに秋の七草はこちらです!

はぎ

ききょう

くず

ふじばかま

おみなえし

おばな

なでしこ

 

こちらは花で食べられそうにないのも入ってますね。秋の七草のおかゆというのは無いそうです。

 

Sponsored Link



 

 

おかゆ以外の七草レシピ:七草の豚しゃぶ鍋レシピの材料(2人分)

・七草 1パック

・豚肉(しゃぶしゃぶ用)  200g

・白菜  4分の1株

・えのき茸  1袋

・豆腐  2分の1丁

・こんぶ(出汁用)

・生姜 すりおろし

・ポン酢しょうゆ

(その他、好きなお野菜でOKです)

 

七草の豚しゃぶ鍋の作り方レシピ

1、鍋に水と昆布を入れて、1時間以上浸けておきます。お水はお鍋のだいたい7分目くらい入れます。

2、白菜、えのきなど好みのお野菜と豆腐を入れて煮ます。

豚肉も入れて火を通します。

七草はさっと火を通し、ポン酢でいただきましょう。

 

※ポン酢にしょうがを入れると体が温まります。

 

 

最後に

お正月で食べ過ぎの胃腸の疲れをスッキリとリセットしたいですね。

新年のスタート、お休みあけで何かと忙しい方も多くいらっしゃると思います!簡単・時短の七草のお鍋で、時間もかからないので、余った時間はゆっくりと体を休めましょう(^^)

ついついスーパーで七草セットを買い忘れる年もあったりします・・・(笑)

【ネコポス便4袋まで対応】フリーズドライ春の七草3g×2P(4人前)

価格:324円
(2018/1/6 12:49時点)

そんなときは、↑このようなフリーズドライの七草もあるようです!便利ですね!

Sponsored Link