NHKまる得マガジンおうちで楽しむ極上コーヒーレッスン1で紹介された、インスタントコーヒードリップバッグコーヒーのおいしい入れ方がとても参考になったのでまとめてみました!

どうせ飲むなら美味しくいただきたいですよね。私も試してみましたがとても美味しくなります!

この入れ方を習得すれば今日から美味しいコスパの高いインスタントコーヒーの世界を楽しめますよ〜

 

Sponsored Link



 

 

まる得マガジンおうちで楽しむ極上コーヒーの講師

コーヒーについて教えてくださるのは、岡田章宏さんです!

バリスタコーヒー店のオーナー。京都の老舗のコーヒー焙煎メーカーでの経験や、イタリアや日本でバリスタの修行を積まれ、「ジャパン バリスタ チャンピオンシップ2008-2009」で優勝されるというすごい実績の先生です(^^)

2016年に京都市内にカフェをオープンされ、数多くのファンが訪れる人気店となっているそうです。行ってみたいですね~

 

 

インスタントコーヒーのおいしい入れ方レッスン!!

 

 

1、カップやスプーンは湯を注いであらかじめ温めておきます。ティスプーン山盛り1杯(約2g)のインスタントコーヒーをカップに入れます。

2、1にティースプーン1杯分の水(約2ml)を加えて、なめらかになるまで、スプーンでしっかりと練ります。

 

♪メモ インスタントコーヒーはいきなりお湯を注ぐとダマになりやすいため、湯より水で練るほうがムラが出にくいそうです。

 

3、80~90℃のお湯を1杯分(140~180ml)入れ、スプーンで混ぜて完成。

♪メモ 85~90℃のお湯は、沸騰したお湯を一度ドリップポットに移すとだいたいその温度の目安だそうです。

湯が高温だと苦味が出やすく、低いと酸味が出るそう。適温にするとまろやな香り高いコーヒーになるそうです(^^)

ひと手間で格段に美味しくなるのですね!!

 

Sponsored Link



 

ドリップバックコーヒーのおいしい入れ方レッスン!!

インスタントコーヒーの美味しい入れ方

1、カップやスプーンは湯を注いであらかじめ温めておきます。ドリップバッグをカップにセットします。

2、湯の温度は80~90℃にし、まず全体に大さじ1と1/3(約20ml)の湯を注ぎ、20~30秒そのままおいて蒸らします。

メモ♪ 蒸らすことでコーヒーの粉がふくらんで、香りや味の成分が出やすくなるそうです(^^)

3、ドリップバックの口まで湯を入れて、泡が沈んできたら、次の湯を注ぎ、トータル1杯分(140~180ml)入れます。

2回目に注ぐ湯はたっぷりと。3回目は手早くいれて分量を調節します。

4 1杯分の分量が入ったらすぐにドリップバッグをはずし、冷めないうちにいただきます(^^)

 

最後に

インスタントコーヒーが美味しく飲めるテクニック、早速ためしてみましたが確かにひと味違いました。

コーヒーのあの香り、飲んだときのホッとリラックスする気持ち、私の生活に無くてはならない飲み物です(^^)

おいしいコーヒー。だけど肩の力は入れず、ちょっとした一手間でおいしいコーヒーが家で飲めたら嬉しいですよね(^^)

 

こだわりの一杯おうちで楽しむ極上コーヒー (NHKまる得マガジン) [ 日本放送協会 ]

 

まる得マガジンでコーヒーについて勉強してみたいと思います!(^^)

Sponsored Link