男子フィギュア2018グランプリファイナル出場者をまとめています。

現在日本勢では宇野昌磨選手の出場が決定しています!

羽生選手ももちろん出場を決めてくれるでしょう!!

 

 




 

グランプリファイナル出場者の決定の仕方

・グランプリシリーズのそれぞれの大会の順位によって獲得するポイント数で、ファイナルへの出場が決定します。

・グランプリシリーズには2大会まで出場できます。

 

グリンプリシリーズ各大会の順位とポイント

1位 15ポイント

2位 13ポイント

3位 11ポイント

4位 9ポイント

5位 7ポイント

6位 5ポイント

7位 4ポイント

8位 3ポイント

 

現在宇野昌磨選手の出場が決定していますが、宇野選手は出場した2大会とも1位でしたので30ポイント獲得で出場決定しています!!

 

グランプリファイナル出場者 男子フィギュア2018

 

 

グランプリファイナル男子2018出場者は6名。

現在、出場決定しているのは、

 

 

宇野昌磨(日本)

・ミハル・ブレジナ(チェコ)

 

です。

 

羽生選手はもちろん出場はできるのですが、足の負傷で出場は見送りされるとみられます。

治療に専念していただきたいですね!

 




 

 

歴代日本男子グランプリファイナル出場者

歴代のグランプリファイナル出場者と成績を見てみましょう。こうやって成績をみてみると、羽生選手の凄さがわかりますね!

 

2018年 ?

2017年 宇野昌磨(2位)

2016年 羽生結弦(優勝)、宇野昌磨(3位)

2015年 羽生結弦 (優勝)、宇野昌磨(3位)、村上大介(6位)

2014年 羽生結弦 (優勝)、無良崇人(5位)、町田樹(6位)

2013年 羽生結弦 (優勝)、織田信成(3位)、町田樹(4位)、

2012年 高橋大輔 (優勝)、羽生結弦(2位)、 小塚崇彦(5位)、町田樹(6位)

2011年  高橋大輔 (2位)、羽生結弦(4位)

2010年 織田信成 (2位)、小塚崇彦(3位)、 高橋大輔(4位)

2009年 織田信成 (2位)、 高橋大輔(5位)

2008年 小塚崇彦(2位)

2007年 高橋大輔 (2位)

2006年 高橋大輔 (2位)、織田信成 (3位)

2005年 高橋大輔 (3位)、織田信成 (5位)

最後に

各グランプリ世界大会を勝ち抜いた上位6名のみが出場できるまさに世界一決定戦、GPファイナル!!

4年ぶりの日本・名古屋での開催となります!

男子は3枠、女子は2枠の五輪代表争いに大きな影響を与えるグランプリファイナル!

私は、テレビの前でかじりついて応援する予定です(^^)

各選手とも頑張って欲しいですね!!!

 

関連記事