東京マラソン2019結果順位をまとめています。

堀尾選手が日本勢ではトップの5位でゴールしました!!
MGC出場も獲得!!おめでとうございます!!では早速、結果順位を見ていきましょう!

 




MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)とは?東京オリンピック代表選考会への流れ

東京マラソン2019は、2020年東京五輪の代表選考会で、2019年9月15日に開催されるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権をかけたレースでもありました。

 

出場権利取得条件

・日本選手1位で2時間11分以内

・2~6位で2時間10分以内

 

であれば、MGCに進出できるという流れになっています。

 

その他MGCの出場権をかけた指定レース

・男子

5大会(北海道マラソン、福岡国際マラソン、別府大分毎日マラソン、東京マラソン、びわ湖毎日マラソン)

男子はあと、琵琶湖の1大会です。

 

・女子

4大会(北海道マラソン、さいたま国際マラソン、大阪国際女子マラソン、名古屋ウィメンズマラソン)

女子は、名古屋マラソンを残すのみとなっています。

 




東京マラソン結果順位速報2019

 

 

男子2019

優勝 レゲゼ(エチオピア) 2:04:48

2位 B.カロキ 2:06:48

3位 B.チュンバ 2:08:44

4位 S.カリユキ 2:09:41

5位 堀尾謙介 2:10:21 【MGC出場権獲得!】

6位 今井正人 2:10:30【MGC出場権獲得!】

7位 藤川拓也 2:10:35【MGC出場権獲得!】

8位 神野大地 2:11:05【MGC出場権獲得!】

9位 高久龍 2:11:49

10位 一色恭志 2:12:21

15位 中村匠吾 2:14:52

16位 佐藤悠基 2:15:07

 

女子2019

優勝 ルティ アガ 2:20:40

2位 ヘレン トラ 2:21:01

3位 シュレ デミセ 2:21:05

4位 フローレンス・キプラガト 2:21:50

5位 ベタトゥ・ヒルパ 2:23:43

6位 アバベル・イエシェネ 2:24:02

7位 一山麻緒 2:24:33

8位 ジェーンチェリモ・メリー 2:26:24

9位 ローズ・チェリモ 2:30:35

10位 ルース チェビトク 2:31:19

12位 前田穂南 2:31:42

13位 吉富博子 2:32:30

14位 清田真央 2:33:04

15位 山口遙 2:33:41

 

今回、男子日本勢では、昨年10月のシカゴマラソンで2時間05分50秒をマークして、2018年東京マラソンで設楽選手が出した日本記録を塗り替えた大迫傑選手が出場することで、さらに日本記録更新なるか?にも注目されていましたが大迫選手は28キロ過ぎで失速し、29キロで途中棄権となりました。

無理しない判断もプロですよね。

そして、堀尾選手が日本人トップで見事、MGC獲得となりました〜。また今井、藤川、神野選手もMGC獲得です!

素晴らしい走り、感動でした!!おめでとうございます!!

 

15位以降の結果成績も知りたい方は、日テレ公式サイトでチェックできますよ〜

 

ちなみに昨年2018年の成績順位は次のとおりでした!

男子2018

優勝 D.チュンバ(ケニア) 2:05:30

2位 設楽悠太 2:06:11 日本記録更新!!【MGC出場権獲得!】

3位 アモス・キプルト(ケニア) 2:06.33

4位 ギデオン・キプケテル 2:06.47

5位 井上大仁 2:06:54【MGC出場権獲得!】

6位 フェイサ・リレサ 2:07.30

7位 木滑良 2:08:44 【MGC出場権獲得!】

8位 宮脇千博 2:08:08【MGC出場権獲得!】

9位 山本憲二 2:08:48【MGC出場権獲得!】

10位 佐藤悠基 2:08:58【MGC出場権獲得!】

 

 

女子2018

優勝 ベルハネ・ディババ(エチオピア)2:19.51

2位 ルティアガ 2:21:19

3位 エイミークラッグ 2:21.42

4位 シュレ デミセ 2:22.07

5位 ヘラーキプロプ 2:28.58

6位 吉富博子 2:20.16

7位 中野円花 2:31.41

8位 上杉真穂 2:31.49

9位 今田麻里絵 2:32.00

10位 張美霞 2:22.02

 

 

最後に

東京マラソンいかがでしたか?今年は史上最高の出場者数3万8000人だった東京マラソン。

89歳の方も出場なさったとのこと!かっこいいですね〜!!

 

東京オリンピックはまだまだ先のことのように思えていましたが、もうすでに熱い戦いがはじまっています。