NHKきょうの料理で放送された栗原はるみさんレシピフライパンチャーシュー」の作り方レシピをまとめてみました。

フライパンひとつで簡単に自家製チャーシューができるなんて嬉しいですね(^^)

また、栗原はるみさんが使用されていて気になったキッチン道具もまとめてご紹介します!

Sponsored Link



 

 

栗原はるみさんのフライパンチャーシューの材料(つくりやすい分量)

・豚肩ロース肉 (塊)  300g
*冷蔵庫から出して室温に戻しておく。肉が平らな場合は、たこ糸で巻いて厚みを出すように整えるとよい。
・しょうが  1かけ
・にんにく  1かけ
【たれ】
・しょうゆ  大さじ1
・砂糖  大さじ1
・オイスターソース  大さじ1/2
・紹興酒  小さじ1
*または酒。
・シナモンスティック  1/2本
*好みで。
・八角  1/2コ  
*好みで。
【付け合せ】
・カリフラワーの甘酢漬け  適量
*全体備考参照。
・すだち (半分に切る)  適量
・塩小さじ  1/2
・サラダ油  少々
・黒こしょう (粗びき)  適量

 

栗原はるみさんのフライパンチャーシューの作り方レシピ

 
1、豚肉は全体に塩小さじ1/2をもみ込んで約10分間おき、出てきた水けを紙タオルでよく拭きます。しょうがとにんにくは皮をむき、包丁でたたいてつぶします。
2、小さめのボウルに【たれ】の調味料を合わせ、好みでシナモンスティック、八角を加えます。

※シナモンスティック
甘い香りのスパイスで、お菓子に使われることが多いが、肉料理とも相性がよい。八角とともにたれに加えるとぐっと本格的な味になる。

※八角
「スターアニス」とも呼ばれ、特有の甘い香りがある。中国料理の香りづけによく使われる。

私はこういった調味料も大好きで、栗原はるみさんレシピを作るときには家になくても買ってきます(^^)無くてもできますが、やっぱり入れると本格的な味になり、一味ちがう!!と言われます(^^)

3、小さくて深さのあるフライパン(または鍋)にサラダ油少々を熱し、しょうが、にんにく、豚肉を入れます。中火で約3分間焼いて返し、裏面も約2分間焼きます。全体に焼き色をつけたら弱火にしてふたをし、途中で2~3回返しながら、さらに8~10分間焼いて八分(ぶ)通り火を通し、取り出します。しょうがとにんにくも取り出しておきます。
※ポイント 肉に厚みがあるので、側面にもしっかり焼いて焼き色をつけます。お肉を立てて側面を焼きます!
※あとでまだ煮詰めるのでここでは八分の火の通りでOK!

 

4、フライパンに残った脂を紙タオルできれいに拭き取り、熱いうちに2を入れて中火にかけます。ひと煮立ちさせて少し煮詰めたら、3の肉を戻し入れ、時々返しながら3~5分間、全体に【たれ】をからめながら焼きます。
5、粗熱を取り、薄切りにして器に盛ります。黒こしょう適量をふってカリフラワーの甘酢漬けとすだちを添えます。
※チャーシューは断面を大きく切ってふんわり盛り付けると華やかな印象になるそうです(^^)

カリフラワーの甘酢漬け材料と作り方レシピ(つくりやすい分量)

 

1、カリフラワー1コ(300g)は小房に分けます。熱湯にサッと通してざるに上げ、水けをよく拭きます。

 

2、ボウルに酢カッ、砂糖大さじ3、塩小さじ1/3を入れてよく混ぜ合わせます。

 

3、ジッパー付きの保存袋にカリフラワーを入れて2とだし昆布(5cm四方)1枚、赤とうがらし(種を除く)1本を加え、冷蔵庫に1~2時間おきます。(冷蔵庫で約1週間保存可)柚子(ゆず)の搾り汁(好みで/適量)は食べるときにかけます。

Sponsored Link



 

栗原はるみさんが使用していたキッチン道具

 今回使っていたフライパン(上の写真の青いフライパン!)、小さめで深さがあって、たれが無駄なく絡んでましたね。このメニューは深さがあるフライパンや鍋が良いそうです。こういった深さのあるフライパンだと鍋としても使えていいですよね。
↓こちらの20センチのお鍋かなあと思います。↓サイズが20センチ、24センチ、26センチの展開があるようです。チェックしてみてください(^^)

【栗原はるみ/キッチン用品/ギフト包装可】 IH対応 深型フライパン 20cm ネイビー

 

栗原はるみさんのパーティのおもてなし

このチャーシューはパーティメニューとしても重宝するようです。
放送ではパーティの時のはるみさんのおもてなしテーブルコーディネートも紹介されていました。
まず、最初の乾杯のセレモニーのためのちょっとしたおもてなしだそうです。
一輪挿しやミニキャンドル、シャンパンとフルーツが素敵!このセンスが素晴らしいんですよね!こんなスタートで始めるパーティだと喜ばれますよね~
簡単にできる工夫なのでマネしたいですね(^^)

まとめ

栗原はるみさんが一番簡単に自家製チャーシューを作れる方法として考えたのがこのレシピだそうです。
豚肉の塊肉を使う本格的なレシピ
 はるみさんとアンディさん、試食では紹興酒とともにいただいてましたね。八角が入ると紹興酒とのマリアージュは最高でしょう!
たれについても本格中華の味とアンディさんが絶賛されていました(^^)
こんなお料理ができると確実に料理上手と言われちゃうでしょう♫
是非チャレンジしてみてください(^^)

Sponsored Link