大原千鶴さんのらっきょう漬けレシピ

 

NHKきょうの料理で2018年6月放送の大原千鶴さんの「らっきょうの甘酢漬け」「らっきょうの実山椒漬け」「らっきょうの味噌漬け」の作り方レシピをまとめてみました。らっきょう漬けは、はじめての方も失敗が少なく簡単だそうです。はじめての方もわかりやすいように、①らっきょうの選び方②らっきょうの下処理もまとめています。

備忘録として参考にしていただければ幸いです!


スポンサーリンク


らっきょうの選び方

ふっくらと丸みを帯びた傷のないものを選びましょう。

泥が乾燥しすぎておらず、芽が出すぎていないものが新鮮です。

買ったその日に下処理をするのが良いです。

 

らっきょうの下処理(つくりやすい分量)

【鳥取県産】砂丘らっきょう 根付らっきょう 地理的表示保護制度登録商品 S~Mサイズ 約5kg【ゆうパック送料無料】新入荷【西日本産 低農薬・特別栽培農産物】【佐川急便・ヤマト運輸送料別】

・らっきょう 1kg

・粗塩 20g(らっきょうに対して2%)

1、らっきょうは一つずつにばらして、きれいに洗って泥を落とします。ひげ根をできるだけ浅くきり落とします。

2、芽のほうも軽く切り落とし、そこから薄皮をむきます。

3、らっきょうをボウルに入れ、塩をまぶして1時間ほどおきます。(水気が出てきます)

4、持ち手付きのざるにらっきょうを入れて、たっぷりの熱湯を入れた鍋にざるごと入れます。10秒ほどで熱湯から引き上げます。(周りを殺菌する意味で熱湯に入れます)らっきょうを平たいざるなどに広げてよく乾かします。

 

大原千鶴さんのらっきょうの甘酢漬けの作り方

【材料】(つくりやすい分量)

らっきょう(下処理したもの) 200g

甘酢

・米酢 カップ1

・砂糖 100g

・塩 20g

赤とうがらし(種をとったもの) 1本

【作り方】

1、甘酢の材料を鍋で沸騰直前まで沸かして(砂糖は溶かす)、冷まします。

2、保存瓶にらっきょうを入れて冷ました甘酢を注ぎ、赤とうがらしを加えます。

 

食べごろ

1週間後から食べることができます。

保存

冷蔵庫で1年間


スポンサーリンク


大原千鶴さんのらっきょうの実山椒漬けの作り方

【材料】(つくりやすい分量)

らっきょう(下処理したもの) 200g

米酢 カップ1/2

薄口醤油 カップ1/2

昆布 5g

実山椒(ゆでたもの) 大さじ2

※山椒の下処理の仕方の記事はこちら↓

山椒の下処理の簡単で時短できる正しいやり方とは?冷凍保存もOK!

 

【作り方】

清潔な保存瓶に上記のすべての材料を入れます。

入れるだけ、簡単ですね(^^)砂糖が入っていないのでスッキリした大人のお味だそうです。

 

食べごろ

1週間後から食べることができます。

保存

冷蔵庫で1年間

 

大原千鶴さんのらっきょうのみそ漬けの作り方

【材料】(つくりやすい分量)

らっきょう(下処理したもの) 200g

A

・みそ 100g

・砂糖 30g

・みりん 大さじ2

 

【作り方】

ボウルにAを混ぜ合わせて、らっきょうも入れて合わせ、全体に味噌がからんだら保存瓶に入れます。

 

食べごろ

1週間後から食べることができます。

保存

冷蔵庫で1年間

ポイント♪ そのまま食べてもいいし、串にさして火で炙ると香ばしくてまた美味しいそうです

 

大原千鶴さんのらっきょう入りポテトサラダ

ポテトサラダとお酢はよく合いますので、それがらっきょうの甘酢とらっきょうが入るとポテトサラダにうまみが加わり引き立ちますね!

 

【材料】(つくりやすい分量)

じゃがいも 3個(300g)

きゅうり 1本

らっきょうの甘酢漬け 50g

らっきょうの漬け汁 大さじ1

ツナ(油漬けの缶詰) 小1缶(70g)

マヨネーズ

 

【作り方】

1、じゃがいもは皮をむいて2センチ角に切って鍋にいれ、ヒタヒタの水と塩2つまみを入れて中火にかけます。ほっくりと柔らかくなるまで茹でます。

 

2、きゅうりは薄い小口切りにして、塩小さじ1/4をふって3分間ほどおき、水気を絞ります。

らっきょうも小口切りにします。

 

3、1の水気を切ってボウルに入れ、2と缶汁をきったツナを加えます、らっきょうの漬け汁、マヨネーズ大さじ3も加えてよく混ぜ合わせます。

※つけ汁を入れるのでマヨネーズは少なくて良いそうです。ヘルシーですね!

4、器に盛って完成です。

 

らっきょう入りドライカレー

【材料】(二人分)

・豚ひき肉 200g

・かぼちゃ 300g

・たまねぎ 100g

・パプリカ(赤) 1/4個

・さやいんげん 100g

・カレー粉 小さじ2

 

A らっきょうの実山椒漬け 50g

A らっきょうのつけ汁と実山椒 (合わせて)大さじ1

 

・温かいご飯 茶碗2杯分

・塩・こしょう

 

【作り方】

1、かぼちゃは1センチ角の拍子木形に切ります。たまねぎは5センチ角、パプリカは1センチ四方に切ります。さやいんげんは3センチ長さに切ります。

※夏野菜お好きなものを入れてもOKだそうです!

 

2、フライパンにひき肉と1の玉ねぎを入れて中火にかけ、塩小さじ1とこしょう少々を加えていためます。肉の色が変わったら、カレー粉と1の残りの野菜を加えて、混ぜながら炒めます。

 

3、カレー粉が全体になじんだら、蓋をして弱火にします。時々混ぜながら野菜に日が通るまで炒めます。

4、火を止めて、Aを入れて全体を混ぜます。器にご飯を盛り、カレーをかけて完成です!

※らっきょうが入ることで旨味と食感がUPするそうです。らっきょうはカレーに添えて箸休めで食べることしかしたことがありません。らっきょうをカレーに入れ込むとどうなるのか、チャレンジしてみたいですね!

 

最後に

NHK きょうの料理 2018年 06月号 [雑誌]

大原千鶴さんのらっきょう漬け作り方いかがでしたか?

らっきょう漬けは、梅干し漬けよりも簡単ですね〜

らっきょうは漢方にもよく使われているように、血液サラサラ効果やがん予防など万能な効果があるとされています。

お酢には夏バテ予防にもいいですし、旬の食べ物というのは私達に恵みをくれるようになっているのが自然の摂理なんでしょうね。

 

その他大原千鶴さんの梅酒など青梅を使ったレシピ記事も必見です!

黒糖しょうが梅酒の作り方by大原千鶴さんレシピで自家製梅酒を作ろう!

青梅めんつゆと青梅昆布しょうゆの作り方by大原千鶴さんレシピ!

フルーツ梅酒とスパイス梅酒の作り方by大原千鶴さんレシピ!NHKきょうの料理

 

完熟梅の梅干しの漬け方作り方はこちら

大原千鶴さん梅干し赤紫蘇漬けの作り方レシピ!NHKきょうの料理

大原千鶴さん梅干しの塩漬けの作り方とアレンジレシピ!

 

梅酒を漬けるおしゃれな瓶をお探しの方はこちらの記事をどうぞ♪

梅酒やピクルスを漬ける瓶のおしゃれ可愛いおすすめランキング!


スポンサーリンク