火星の大接近が近づいています。2018年7月31日に火星が地球にもっとも近づくのです。

気になるどの方角、方向見頃時間はいつ頃なのか?肉眼でも見られるのか?ということを調べてみました。

大接近時の火星と地球の間の距離は5,759万キロメートルとなります。6000万キロメートルよりも近い距離まで近づくのは2003年の最接近以来15年ぶりだそうですよ!

 

Sponsored Link



 

火星の大接近とは

火星大接近肉眼で見える方角時間

大接近の距離は5,759万キロメートルということですが、どれだけの距離なのでしょうか。

地球一周の距離が、4万77キロメートルです。

ということは・・・地球を14,125回周る距離です!う〜んやっぱり遠いですね(笑)火星の最接近の時でも月の150倍遠いそうです。

火星は地球のひとつ外側にある惑星です。太陽から考えると、えーと、水・金・地・火・木・・・・

確かに地球の一つ外側です。

地球の軌道はかなり円に近い形をしていますが、火星の軌道は少しつぶれた楕円形をしています。また、地球と火星が近づく会合周期がちょうど2年ではなく2年2カ月であるため、火星と地球が接近する位置は毎回ずれ、距離も大きく変わります(最も近い位置での接近と最も遠い位置での接近では、距離が2倍ほど違います)。

こちらの図がわかりやすいです。国立天文台のホームページからお借りました。

火星大接近の時間や方角

確かに一番遠い時は1億142万キロメートルと最接近距離に比べて2倍になっていますね。

 

火星が地球との最接近を迎えるころは大きく見えるため、観察の絶好のチャンス!

また、最接近の7月31日だけでなく、最接近前後の数週間は、地球と火星の距離はそれほど変わらないので見られるそうです。火星の明るさは2018年6月下旬から9月上旬頃までマイナス2等を超え、観察しやすい時期が長く続きます。

Sponsored Link



 

火星大接近の時間と方角は?いつどこに見える?

火星大接近2018の方角と時間

7月中旬には20時頃、下旬には19時頃に昇り初めますがその時はまだ夏は明るいので見えにくいでしょう。暗くなり、街の灯りも少なくなる真夜中南東から南の空でひときわ明るく輝きます。

 

7月8日以降は木星よりも明るく輝くようになります。(明るさはマイナス2.2等~マイナス2.8)

 

最接近7月31日火星は、やぎ座に位置しています。

〔東京の空〕

19時前

南東の空から昇ってきます。

21時頃

東の空から月が昇ってきますが、火星は月明かりにも負けずに赤く明るく輝くのでとても目を引くことでしょう。

真夜中頃

真南の空に見えます。明るさはマイナス2.8等です。

 

7月31日の大接近日は、21時ごろから見頃になってくるようです!

 

 

火星は肉眼でも見られる?

肉眼でも明るい火星が夜空に輝く姿を十分に楽しめます。

もちろん、天体望遠鏡があれば、火星の表面の模様などをよりはっきりとみることができ、より楽しめるでしょう。

望遠鏡をお持ちでない方は、近くの科学館や公開天文台などの天文施設で開催される観望会などに行き、見させてもらうというのもいいかもしれません!

ちょうど夏休みでお子さんと出かけるのも思い出になったり、夏休みの宿題の自由研究の課題にもいいかもしれませんね!!

 

大接近の火星を写真撮影できる?

接近時の火星は夜空でも大変明るくなっています。スマートフォンやタブレット端末のカメラでも、最近は感度が良くなっているので、おそらく光の点として写るでしょう。

しかし、表面のようすを写すためには、やはり望遠鏡が必要です。望遠鏡で天体を撮影するには、専用の機器やそれなりのテクニックが必要となりますので、天文雑誌を参考にしたり、詳しい人に相談するなどしてトライして見てください。

 

まとめ

2018年7月31日大接近の火星は、21時頃に南東の空で見られ、真夜中には南の空で赤く光り輝きます。

肉眼でも楽しめるとのことなので、光り輝く赤い星を見つけてみてくださいね。

天体ショーはロマンがあって毎回楽しみにしています!

 

Sponsored Link