2020年の東京オリンピックボランティアが募集は2018年9月中旬から開始されます。申込方法応募条件をまとめてみました。平昌オリンピックでもボランティアの方が大勢活躍なさっていて、ボランティアのおかげでオリンピックは成り立つんだなあと実感しました。ボランティアに参加されたい方はぜひチェックなさってみてください。

 

Sponsored Link



 

東京オリンピックのボランティアの2つの運営主体

東京オリンピック

東京オリンピックのボランティアは2つの運営主体があります。

①公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が募集する大会ボランティア

募集人数

組織委員会が8万人募集し、研修や運営が行われる。

 

活動する場所

競技会場、選手村等の大会関係施設

 

活動の内容

観客サービス、競技運営サポート、メディアサポートなど

 

②東京都が募集する都市ボランティア

募集人数

東京都が3万人募集し、研修や運営が行われる

活動する場所

空港・主要駅・観光地、競技会場の最寄駅周辺及びライブサイト

活動の内容

・国内外からの旅行者に対する観光・交通案内

・競技会場までの観客の案内及びライブサイト運営のサポート

 

※都市ボランティアについては、東京都のほかにも競技会場が所在する自治体でも募集・運営を行うそうです。ご自分の住んでいる地域が競技会場になる場合はチェックですね。

 

それでは気になる応募の仕方について見てみましょう。

Sponsored Link



 

ボランティア応募受付開始時期

①大会ボランティア

募集スケジュール

2018年7月下旬  募集要項発表

2018年9月中旬  応募受付開始

2019年2月~7月  面接実施

※東京、北海道、宮城、福島、茨城、静岡、愛知、大阪、福岡で面接が実施されます

2019年10月~  共通研修開始

2020年3月~  役割通知

2020年4月~  役割別研修開始

2020年5月~  ユニフォームなど配布

2020年6月~  会場別研修開始

 

応募条件(案)

1、2020年4月1日時点で満18歳以上の方

2、ボランティア研修に参加可能な方

3、日本国籍を有する方又は日本に滞在する資格を有する方

4、10日以上活動できる方

5、東京2020大会の成功に向けて、情熱を持って最後まで役割を全うできる方

6、お互いを思いやる心を持ちチームとして活動したい方

 

大会ボランティア募集、まずは7月下旬の募集要項をこちらのサイトをチェックしておきましょう

↓↓

東京2020大会のボランティア活動

 

②都市ボランティア

国内外からの観光客へ観光案内や交通案内を行う都市ボランティア。

活動場所は空港・駅・観光スポットなど。

まだ、募集スケジュール等は発表されていません。(2018年3月9日現在)

 

都知事主催の東京オリンピックボランティアシンポジウムなどが行われたようです。

東京ボランティアナビ

 

 

最後に

東京オリンピックのボランティア参加をしたい方は、7月下旬に発表される募集要項チェックが必須ですね!

スケジュール帳に書き込むなどして、忘れないようにしておきましょう。

それにしても、本当に大人数のボランティアが必要なのですね。研修などもしっかりと行われるようです。

ボランティアはやる以上は完全に使命感をもってやるべきお仕事ですよね。私も介護関係のボランティアをしたことがありますが、参加した以上は仕事と思ってやってました。

東京オリンピックが大勢の力が集まり成功する、素晴らしい大会になるといいですね!!

 

 

Sponsored Link