東京マラソン2018結果順位をまとめています。設楽選手が日本勢ではトップの2位でゴールしました!!日本新記録更新もおめでとうございます!!では早速、結果順位を見ていきましょう!

 

Sponsored Link



 

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)とは?東京オリンピック代表選考会への流れ

東京マラソン2018は、2020年東京五輪の代表選考会で、2019年秋に開催されるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権をかけたレースでもありました。

 

出場権利取得条件

・日本選手1位で2時間11分以内

・2~6位で2時間10分以内

 

であれば、MGCに進出できるという流れになっています。

 

その他MGCの出場権をかけた指定レース

・男子

5大会(北海道マラソン、福岡国際マラソン、別府大分毎日マラソン、東京マラソン、びわ湖毎日マラソン)

男子はあと、琵琶湖の1大会です。

 

・女子

4大会(北海道マラソン、さいたま国際マラソン、大阪国際女子マラソン、名古屋ウィメンズマラソン)

女子は、名古屋マラソンを残すのみとなっています。

 

Sponsored Link



 

東京マラソン結果順位速報2018

東京マラソンの結果速報!優勝

 

男子

優勝 D.チュンバ(ケニア) 2:05:30

2位 設楽悠太 2:06:11 日本記録更新!!【MGC出場権獲得!】

3位 アモス・キプルト(ケニア) 2:06.33

4位 ギデオン・キプケテル 2:06.47

5位 井上大仁 2:06:54【MGC出場権獲得!】

6位 フェイサ・リレサ 2:07.30

7位 木滑良 2:08:44 【MGC出場権獲得!】

8位 宮脇千博 2:08:08【MGC出場権獲得!】

9位 山本憲二 2:08:48【MGC出場権獲得!】

10位 佐藤悠基 2:08:58【MGC出場権獲得!】

 

世界新、日本新が生まれやすいコースで、風もないというコンディション。新記録が生まれるかも注目されていました。

見事に設楽選手が16年ぶりに記録更新!!日本実業団陸上競技連合より1億円贈呈されるとのことで、凄いですよね!

5位の井上選手もなんと同じ2時間6分台という快挙!!すごすぎますね。

 

女子

優勝 ベルハネ・ディババ(エチオピア)2:19.51

2位 ルティアガ 2:21:19

3位 エイミークラッグ 2:21.42

4位 シュレ デミセ 2:22.07

5位 ヘラーキプロプ 2:28.58

6位 吉富博子 2:20.16

7位 中野円花 2:31.41

8位 上杉真穂 2:31.49

9位 今田麻里絵 2:32.00

10位 張美霞 2:22.02

 

 

最後に

東京マラソンいかがでしたか?最初の君が代や紙吹雪の演出に感動しました!設楽選手の最後まで粘り強い攻めの戦い、感動でした(^^)

東京オリンピックはまだまだ先のことのように思えていましたが、もうすでに選考会への戦いがはじまっているのですね。

 

Sponsored Link