平昌オリンピック男子モーグル決勝(フリースタイルスキー)滑走順番結果をまとめています。またモーグルルールやテレビ放送のタイムテーブルもご紹介いたします。予選2回めで西選手と遠藤選手も決勝進出となり日本人選手は全員決勝に出られることになりました。天候が悪かったり、雪も人工雪がまじりコンディションがよくないようですが頑張ってもらいたいですね。テレビかじりつきで応援したいと思います(^^)

 

Sponsored Link



 

男子モーグル決勝の滑走順番と結果速報

男子モーグル決勝の滑走順番や結果

 

原選手銅メダルおめでとうございます!

 

1、ジェームズ・マセソン(オーストラリア)

①75.98

2、西伸幸(日本)

①46.04進出無し

3、イミ・サロネン(フィンランド)

①72.76

4、遠藤尚(日本)

①82.72②途中棄権

5、アントニー・ペンナ(フランス)

①76.43

6、マルクアントワヌ・ガニョン(カナダ)決勝進出

①78.38②77.40③77.02

7、ブラッドリー・ウイルソン(米国)

①62.74

8、ケーシー・アンドリンガ(米国)決勝進出

①80.73②80.80③75.50

9、ビニャル・スラッテン(ノルウェー)決勝進出

①79.18②78.87③33.61

10、准載遇(韓国)

①78.26②途中棄権

11、サシャ・テオシャリス(フランス)

①77.09②34.49

12、マット・グレアム(オーストラリア)決勝進出

①81.39②80.01③82.57

13、フィリップ・マーキス(カナダ)

途中棄権

14、Pavel Koimakov(カザフスタン)

①78.22②76.10

15、原大智(日本)決勝進出! 3位銅メダル!!

①81.29②82.30③82.19

16、堀島行真(日本)

①79.64②途中棄権

17、トロイ・マーフィー(米国)

①72.72進出無し

18、ドミトリー・レイヘルド(カザフスタン)

①79.77②58.64

19、アレクサンドル・スミシリャエフ(個人資格(ロシア))

①74.57

20、ミカエル・キングスベリー(カナダ)

①81.27②82.19

 

Sponsored Link



 

男子モーグル決勝のルール

 

予選1回目、2回目合わせて20選手が決勝に進みます

 

決勝は3ラウンド行われます。各ラウンドで選手は1回滑ります。

決勝1ラウンドめでは、上位12選手が決勝2回めに進出。

決勝2ラウンドめでは、上位6選手が最終決勝に進出します。

予選の得点は決勝には持ち越されません。

 

 

男子モーグルの見どころ

昨シーズン世界選手権2冠に輝いた堀島行真選手に注目が集まっていますね。

日本男子ではモーグルのメダルはまだないので、期待が高まります!エアの技術ではワールドカップ6連覇中の王者ミカエル・キングズベリーとはほぼ互角と言われています!

遠藤尚選手は3度目の五輪に臨みます。バンクーバオリンピックでは7位入賞となりましたがその後、怪我に悩まされなかなか本来の実力を発揮できませんでした。しかし、先月のワールド杯では調子の上向きが見られ、良い状態で平昌オリンピックをむかえられていると思うので楽しみです。

初のメダル、期待したいですね!!

 

男子モーグル決勝(平昌オリンピック)のテレビ放送タイムテーブル

2018年2月12日

・BS1 20:50~10:40LIVE

 

 

最後に

いよいよ決着のつく決勝戦です!!モーグルルールも参考にしていただき楽しんでください!!

 

 

関連記事

男子モーグル予選2ラウンドの滑走順番と結果速報!(平昌オリンピック)遠藤17番滑走!

女子モーグル予選の滑走順番と結果速報!(平昌オリンピック)村田愛里咲は9番滑走!

 

Sponsored Link