第十七夜あてなよるの「にんにくで呑むレシピと紹介されたお酒銘柄をまとめます!

お酒好きな人にぴったりの簡単なつまみを紹介してくれるNHKBSプレミアムの「あてなよる」。料理家大原千鶴さんとソムリエ若林英司さんが選ぶ究極の酒と肴(^^)

 

お酒が大好きな私は、お酒にあうレシピばかりを常に考えています(^^)呑みながらパッと作れちゃうのに美味しいので最高なんです!!!なんでも大原千鶴さんは飲まない日はないほどお酒が大好きなんだとか!だからこんなお酒のつまみのレパートリーがたくさんあるんでしょうね。

ゲストはLiLiCoさんと白石美帆さんでした。

Sponsored Link



 

 

枝豆~にんにくピリ辛やみつき風~

あてなよるのニンニクで呑むのにんにくピリ辛やみつき枝豆

 

材料

・枝豆

・にんにく

・塩

・豆板醤

・しょうゆ

 

作り方

1、枝豆はさやの橋をカットして、塩もみして、茹でておく

2、すりおろしたにんにくに、豆板醤、しょうゆを加えて混ぜます

3、枝豆をフライパンで炒め、火を止めます

4、3に2を加えてからめ混ぜます。

♫後を引く美味しさ!!!私はもう何度も作りました。やみつきです(^^)

一瞬でできるのにしっかりと味が枝豆にからまります。絶対作ってみてください!!

大原千鶴さん曰く、にんにくに火が入りうまみが出るとのこと。リリコさんは香りだけで3杯飲めるとおっしゃってました(笑)

合わせたお酒

レモンサワー

 

・グラスにレモンを絞り、絞ったレモンの皮もそのまま入れます。氷を入れます。

・麦焼酎を入れ、炭酸水を入れます。ソムリエは強炭酸水を使っていました!

・最後に、生の赤唐辛子を入れてガーッとかき混ぜます。

赤唐辛子とは驚きですね!!(^^)彩りもキレイですよね。

枝豆にはビールという常識を覆したレモンサワー。後味に赤唐辛子がピリッとくるのがポイント。レモンの酸味は枝豆に合い、豆板醤と赤唐辛子が同じ辛味を出し、料理との相性が高まるそうです(^^)

さすがソムリエ!!

 

ジャンボにんにくの丸揚げ

あてなよるのニンニクで呑むのニンニクの丸揚げ

材料

・ジャンボにんにく(普通のにんにくでもOK)

・ごま油

 

 

作り方

1、皮をつけたまま丸ごとのにんにくにラップをして、レンジで竹串がすっと通るくらいに加熱します。

2、皮をつけたまま、丸ごと油に入れます。低温の油で周りがカリッとするくらいを目安に揚げます。

あてなよるのニンニクで呑むのニンニクの丸揚げ

3、塩をつけて食べましょう

♫じゃがいもみたいにホクホク!これも簡単ですよね(^^)スプーンですくって食べます。まるで新じゃがのようなホクホク感!ジャンボにんにくじゃなくても作れるそうです。

 

合わせたお酒

英国・アイラ島産のウイスキー(シングルモルト)

銘柄はおそらくラフロイグ(Laphroaig)です!

ウイスキー1に対してミネラル3で作っています。

カルシウム(塩味)が多くのどごしもなめらかな天然水で割っていました。塩味が多いお水を使ったほうがこのウイスキーには合うとのこと。

強い磯の香りが特徴でにんにくにハマる酒と言われているそうです。

 

 

さざえのアヒージョ~にんにくアオサ風味~

あてなよるのニンニクで呑むのニンニクとサザエのアフィージョ

 

材料

・さざえ

・にんにく

・アオサ

・オリーブオイル

作り方

1、サザエを殻ごと下茹でし、さざえの身を取り出し、口や砂袋をはずします。

2、1のサザエの身を食べやすくスライスしておきます。歯ごたえを残すため厚めにスライス。

3、にんにくをみじん切りにします。

4、小さめのフライパンににんにくを入れ、オリーブオイルを注ぎます。

5、加熱してにんにくの色が変わり始めたら、サザエを入れます。

6、身が硬くならないうちにアオサを入れ、フライパンを火から外して塩で味付けします。

 

♪アオサを合わせるところが凄いですね。サザエと合わせて磯のいい香りでしょうね。和風なアフィージョ!

合わせたお酒

新潟産の白ワイン(アルバリーニョ種)

キレの良い酸と柑橘の香りが油分を切り、塩味のニュアンスが海の幸と抜群に合う!シャンパンのような高貴な香り。別名海のワインと言われるものだそうです。素敵♪

ワインの銘柄はこちら↓だと思われます。飲んでみたい!!!

フェルミエ アルバリーニョ

Sponsored Link



 

ミート&にんにくボール~大原流黒酢ソース~

あてなよるニンニクで呑むのミートボール

材料

・豚ひき肉

・玉ねぎ

・にんにく

・いんげん

・ミニトマト

・片栗粉

・パン粉

・ごま油

・塩

・砂糖

・しょうゆ

・黒酢

 

作り方

1、ボウルに豚ひき肉、刻んだ玉ねぎ、片栗粉・パン粉・ごま油・塩を入れて手で空気を含ませるようにふんわりこねて、丸くボールを作ります。

あてなよるのニンニクで呑むのニンニクとミートボール

※大原千鶴さんはスプーンを使って丸く成形していました!

 

2、にんにくの皮をむいておきます。

3、火をつける前に、鍋に油を入れて、にんにくを入れます。その後火をつけてにんにくを揚げていきます。

4、にんにくに火が通ったら、成形したミートボールも鍋に入れます。ミートボールとにんにくが揚がったら取り出します。そして、いんげん、ミニトマトも揚げます。

5、【黒酢あんを作る】フライパンに水2:片栗粉1:砂糖1:しょうゆ1:黒酢1を入れて混ぜておきます。

6、5を火にかけて、仕上げにおろしにんにくを加えさらに混ぜます。

※トロトロのあんになります!

 

7、揚げた食材を6に加えてさっと混ぜからめて完成。

♪黒酢が爽やかで、ニンニクもホクホク!ミートボールはふわふわです。空気を入れるように混ぜるのは大事ですね!

合わせたお酒

アメリカ、ワシントン州の赤ワイン(メルロー種)

銘柄はこちらだと思います!  レコール メルロー

【ヤマト運輸で厳重梱包配送】ワシントン メルロ [2014] レコール <赤> <ワイン/アメリカ>【■1413114】 ※即刻お取り寄せ品!欠品の際はご連絡します!

メルロー種はコクとまろやかさがあり、酸味・スパイシーな味の料理をうまく包んでくれるそうです(^^)

黒酢にはメルローが合うそうです。中華料理はメルローをよくあわせるそう!是非やってみます(^^)

 

にんにくとじゃがいもの炊き込みご飯

あてなよるにんにくで呑むのにんにくとじゃがいもの炊き込みご飯

材料

・にんにく

・じゃがいも

・米

・水

・バター

・しょうゆ

・トマト

・青ゆずの皮

 

作り方

1、にんにくとじゃがいもの表面をフライパンで焼いておきます。(じゃがいもは3センチくらいにカット、にんにくはそのまま使う)

2、土鍋に米、水、にんにく、じゃがいもを入れて炊きます。沸いたら火を弱めさらに10分炊いて火を止め、10分蒸らします。

3、2のごはんにバターとしょうゆを入れて混ぜます。

4、茶碗に盛り、刻んだトマトと青柚子の皮を散らします。

♪バターとにんにくの風味が最高!!!つぶしたにんにくやじゃがいもがごはんにからんでコクが出ます。じゃがいもにバターじょうゆは間違いないですね!!

 

合わせたお酒

長野産、特別純米生酒(夏酒)

銘柄は大雪渓です。

 

キレの良い辛口・清涼感がバターのコクやトマトの酸味を包み込みます。

夏酒とは火入れしていない生のフレッシュな味わいのお酒です。冬から低温熟成した夏においしいお酒。

夏酒が終わるとひやおろしが登場します。コクがあるお酒です。

 

まとめ

にんにくが大好物の私は見ているだけでお腹がすいてしまいました!!!

今回も締めのごはんまでしっかりとにんにくでしたね。

紹介されたお酒の銘柄をすべてそろえて、お料理も大原千鶴さんのレシピどおり作り、あてなよるごっこはいかがでしょうか(^^)

大原千鶴の簡単・絶品おつまみ帖 あてなよる [ 大原千鶴 ]

あてなよるの本も出版されているそうです!放送だとお酒の銘柄をふせられていますが

なんでも、コチラの本だとしっかりと書かれているとのこと(^^)お酒好きにはこれは嬉しいですね!

 

関連記事

あてなよる第二十夜「巻き巻きで呑む」のレシピとお酒の銘柄!今宵も晩酌を楽しもう!

あてなよる第十九夜「きのこで呑む」のレシピとお酒の銘柄で今宵も晩酌を楽しもう!

あてなよる第十八夜「唐辛子で呑む」のレシピとお酒の銘柄で今宵も晩酌を楽しもう!

あてなよる第十六夜「イカで呑む」で今宵もお酒を楽しもう!簡単酒の肴おつまみレシピ

Sponsored Link