別府大分毎日マラソン2018結果順位をまとめています。園田選手が日本勢ではトップの2位でゴールしました!!おめでとうございます!!では早速、結果順位を見ていきましょう

Sponsored Link



 

 

別府大分毎日マラソン結果順位速報

別府大分毎日マラソンの結果速報!優勝

 

優勝 デスモンド・モクゴブ(南アフリカ) 2:09:31

2位 園田 隼(黒崎播磨) 2:09:34 【MGC出場権獲得!】

3位 大塚祥平(九電工) 2:10:13

4位 ジョスファット・キプロノ(ケニア) 2:10:54

5位 小山司(SUBARU) 2:11:20

 

 

30キロ地点で勝負をかけた、園田選手の攻めの走りに釘付けになりました。モクゴブ選手とのデッドヒートはトラックでの勝負!!惜しくも2位となりましたが熱き戦い素晴らしかったです(^^)感動でした!!

 

大塚選手もMGC出場権までほんとにあと少しで残念でしたが、次に向けてまた頑張っていただきたいです!!

 

 

 

Sponsored Link



 

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)とは?東京オリンピック代表選考会への流れ

別府大分毎日マラソンは、2020年東京五輪の代表選考会で、2019年秋に開催されるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権をかけたレースでもありました。

 

出場権利取得条件

・日本選手1位で2時間11分以内

・2~6位で2時間10分以内

 

であれば、MGCに進出できるという流れになっています。

 

その他MGCの出場権をかけた指定レース

・男子

5大会(北海道マラソン、福岡国際マラソン、別府大分毎日マラソン、東京マラソン、びわ湖毎日マラソン)

男子はあと、東京と琵琶湖の2大会です。

 

・女子

4大会(北海道マラソン、さいたま国際マラソン、大阪国際女子マラソン、名古屋ウィメンズマラソン)

女子は、名古屋マラソンを残すのみとなっています。

 

 

最後に

 

別府大分毎日マラソンいかがでしたか?園田選手の最後まで粘り強い攻めの戦い、感動でした(^^)

東京オリンピックはまだまだ先のことのように思えていましたが、もうすでに選考会への戦いがはじまっているのですね。

Sponsored Link