東京など首都圏関東甲信地方が警報級の大雪で積雪が予測されています。電車への影響や鉄道や高速道路通行止めの予測区間をまとめています。充分に気をつけてくださいね

Sponsored Link



 

電車鉄道への影響予測:都心の路線(2018年1月22日15時現在)

東京首都圏の交通機関への影響は?鉄道や高速道路の通行止め

1月22日(月)

午後3時 影響なし

東海道本線、横須賀線など一部運休が出ています(16時現在)

東急大井町線、東急田園都市線など遅れが出ています(16時現在)

午後6時 影響あり

午後9時 影響大

 

1月23日(火)

午前0時 影響大

午前3時 影響大

午前6時~9時 影響あり

 

首都圏高速道路通行止め予測区間(中日本高速予想)

きょう夕方~あす朝

 

首都高

横浜港北JCT~生麦JCT(1月22日16時現在通行止めとなっています)

 

東名高速道路

東京IC~清水IC

 

新東名・清水連絡路

清水JCT~新清水JCT

小田原厚木道路

全線

 

 

関東甲信地方 降雪量(多い所)

明日の明け方にかけての降雪量予報です

 

関東地方北部 30センチ

関東地方南部(東京23区) 10センチ

関東地方南部(その他) 20センチ

甲信地方(山梨県) 20センチ

甲信地方(長野県) 30センチ

すでに八王子では20センチ積もっているそうです・・・(1月22日15時現在)

 

 

最後に

相当な大雪になりそうですね。

 

・車には乗らない、どうしても乗る場合は車間距離をいつもより3倍とるのがよいです

・歩行者は階段、坂道、歩道橋、白線の上などすべりやすいので充分に注意してください

 

関連記事

新幹線は雪でも動く?止まる事例や遅延・運休の払い戻し方法

 

 

Sponsored Link