東京上野動物園の子パンダ、シャンシャンの抽選観覧が1月で終了しました。2月からシャンシャンを見るには?整理券で先着順となるそうです。具体的に整理券をもらう方法など、シャンシャン観覧方法を調べてみました

 

Sponsored Link



 

 

 

上野動物園シャンシャンの2月1日からの観覧方法

上野動物園シャンシャン2月整理券観覧方法

 

2018年(平成30年)2月1日(木曜日)から当面の間整理券制による先着順での観覧となるようです。

シャンシャンを見るためには普通にいつでも見られるわけではなく、2月からは当日整理券を配布され、先着順で整理券をゲットできた人だけが観覧できるということですね。

 

 

2018年2月からのシャンシャン観覧時間

9時45分~16時45分(休園日を除く)

※30分ごとに観覧時間が区切られます。

※母子を観覧できる時間は1名あたり1~2分間程度になります。

※公開時間中でも、母子の健康状況などの理由により公開を中止する場合があります。

 

 

平成30年2月1日(木曜日)から観覧時間が16時45分まで延長され、現在の2時間半から7時間に拡大されるようです。

時間拡大により、現在の2時間半から7時間、シャンシャンは公開されるようになるとのこと!!

1日に見学できる人数も現在の約2000人から約9500人に拡大されます(^^)

シャンシャンの健康状態が落ち着いていることから、時間を延ばしても問題ないと判断したそうですよ!!

 

ということは、先着順でも9500人までは見られるということですね!!

 

※整理券は、観覧する本人に1枚ずつ配布されます。

※1枚で1名様のみ観覧できます。

 

 

シャンシャンが見られる場所

 

2018年1月までは、屋内展示場での公開でしたが、2月からはシャンシャンと母親の「シンシン」を初めて屋外放飼場でも見られるようになります。

 

Sponsored Link



 

2018年2月からのシャンシャン観覧整理券の配布場所

 

整理券東園の五重塔前午前9時半から配布されます。

 

 

五重塔のむかいにジャイアントパンダ舎がありますので、観覧場所はおそらくそこで見られると思います。

ただ、シャンシャンの体調や天候により、日によって違うかもしれませんので整理券をもらえたら聞いたほうがよいですね!!

 

観覧場所は、東園・パンダ舎「屋外放飼場A」および「室内2号室」で、

※雨天・荒天時は「室内2号室」「室内3号室」での公開に
※観覧のための受付場所は東園パンダ舎前になるとのことです。

 

とにかく整理券をもらえたら、その後の説明を聞いておきましょう(^^)

 

入場口は表門が近いですが、混雑も考えられますので、混雑を避けたい方は、西園・弁天門から入場して、五重塔を目指すというのもよいと思います!

 

 

最後に

 

詳しい詳細は、こちらをチェックしてください。東京都公式サイトになります。

→上野動物園情報 ジャイアントパンダ母子の観覧方法について(2月1日以降)

 

やっぱり小さな可愛い子パンダのうちに観覧したいですよね~

シャンシャンもお母さんのシンシンも健康状態が良いようでよかったです。

写真をとるのはOKのようですが、フラッシュは禁止で、静かに鑑賞することとなっています。

当たり前だと思いますのでマナーは守って、可愛いシャンシャンを見に行きましょう(^^)

 

 

関連記事

シャンシャンのライブ動画映像配信サイトやURLはどこ?配信時間や期間は?

 

 

Sponsored Link