防府読売マラソン2017年12月17日結果順位をまとめています。川内優輝選手がトップでゴールしました!!優勝おめでとうございます!!では早速、結果順位を見ていきましょう!

Sponsored Link



 

防府読売マラソン結果順位速報

 

 

優勝 川内 優輝(埼玉県庁) 2:10:03  【MGC出場権獲得!】

2位 濱崎 達規(南城市役所) 2:11:26

3位 田中 飛鳥2:12:17

4位 山下 伸一2:12:32

5位 中村 泰之2:12:36

6位 兼実 省伍2:12:58

7位 倉田 翔平2:13:16

8位 一色 恭志2:15:43

 

 

 

今回は、公務員ランナーで有名な川内優輝選手が圧倒的な強さで優勝でした\(^o^)/最後の10キロは川内選手の独走で大会3年ぶり3度めの優勝です!

さらに今回のレースを2時間11分7秒以内であればMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)への出場資格が手に入るというレースでしたが、見事にMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)への出場資格をゲットされました!!

サブテンなるか!?ということが注目されましたが、(※フルマラソンのサブテンとは、2時間10分以内で走ることです)そちらは惜しくもたった3秒の差で叶いませんでしたがほとんどサブテンですよね!

 

 

Sponsored Link



 

 

 

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)とは?東京オリンピック代表選考会への流れ

 

出場権利取得条件

・日本選手の1~3位で2時間11分以内

・4~6位でも2時間10分以内

 

であれば、MGCに進出できるという流れになっています。

 

その他MGCの出場権をかけた指定レース

・男子

5大会(北海道マラソン、福岡国際マラソン、別府大分毎日マラソン、東京マラソン、びわ湖毎日マラソン)

・女子

4大会(北海道マラソン、さいたま国際マラソン、大阪国際女子マラソン、名古屋ウィメンズマラソン)

 

最後に


防府読売マラソン
いかがでしたか?川内選手の圧倒的な独走で強さを見せつけられました(^^)

東京オリンピックはまだまだ先のことのように思えていましたが、もうすでに選考会への戦いがはじまっているのですね。

日本のマラソン選手の層はとても厚いので注目ですね。

 

関連記事

福岡国際マラソン結果順位速報!大迫3位で東京オリンピック代表選考会の出場権獲得!

 

Sponsored Link