レイチェルのおいしい旅レシピで放送されたスモーガストルタスウェーデンレシピ作り方をまとめてみました!

スウェーデンの祝い事に欠かせない伝統料理、スモーガストルタ。別名“サンドウィッチケーキ”だそうです(^^)

 

 

イギリスBBC制作で大ブレイクした、超カワイイ料理番組!

 

フードライター兼料理人、レイチェル・クーによる超カワイイ料理ショーのセカンド・シーズンです!嬉しい~(^^)

なんとレイチェルはパリから地元ロンドンに戻ってきたようです。

さらに新たなレシピのヒントを求め、ヨーロッパ各国を旅するのです!

また、レイチェルのロンドンのキッチンで、レイチェルらしい素敵なおいしい「おうちごはん」で友人たちをもてなすそう(^^)

レイチェルのロンドンのキッチンのインテリアなども楽しみですね\(^o^)/

Sponsored Link



 

 

 

 

レイチェルのおいしい旅レシピ!スモーガストルタの材料(4~6人分)

<サーモンをジュニパーベリーの漬け汁に浅く漬けたもの>

・サーモン(生食用、皮をむいたもの) 300g
●漬け汁用
・水 500ml
・粗塩 70g
・上白糖 70g
・ジュニパーベリー 大さじ1
・生のビーツ 中くらいのもの1コ
・ビーツのピクルス 100g 程度の中くらいのもの2コ

<飾りつけ用>
・きゅうり(大きいもの) 1本
・ディル 5g
・イクラ 大さじ2
・オーガニックレモン(ノーワックスのもの) 1コ

<ホースラディッシュクリーム用>
・ホースラディッシュクリーム 大さじ3

ホースラディッシュは、アブラナ科の耐寒性の多年草。和名はセイヨウワサビ。

ハウス ホースラディッシュ 40g


・生クリーム 300 ml
・ポーラーブレッド(スウェーデンの平たいパン) 16枚
(またはスライスして耳を切り落とした食パン 800g程度のもの1コ)

Sponsored Link



 

レイチェルのおいしい旅レシピ!スモーガストルタの作り方レシピ

レイチェルのおいしい旅レシピ!スエーデンスモーガストルタ

1、 オーブンを200℃に温めておきます。

ビーツを1つずつホイルで包んで、約1時間から1時間半、柔らかくなるまで焼きます。

2、サーモンの漬け汁を作ります。塩と砂糖とジュニパーベリーを鍋に入れます。ビーツは皮をむき、根の部分を大きめに切って、水と一緒に鍋に入れます。
一度沸騰させ、塩と砂糖が溶けるまで煮立たせます。室温になるまで冷まして、冷蔵庫に入れて冷やします。

3、サーモンを薄切りにします。漬け汁に4分間漬けてから取り出して水けを切り、キッチンペーパーで軽く押さえて余分な水分を取ります。漬け汁は捨てて、サンドイッチを作る間、サーモンは置いておきます。

4、生クリームをツノが立つまで泡立て、ホースラディッシュクリームと香辛料を混ぜます。

5、パン4枚でサンドイッチを作ります。それぞれのパンにクリームを薄く伸ばして塗り、1枚ずつ重ねていきます。残りの12枚のパンも同じようして、4段重ねのサンドイッチを4つ作ります。
それぞれが大きな正方形になるようにします。

6、きゅうりの側面を2方向から薄いリボン状にスライスします。いちばん外側の部分や種のある部分は使わずに、きれいな形のリボンを8枚用意します。
メロンボーラーを使って残りの側面できゅうりのボールを30個から35個作ります。中心部は使わないようにします。

ツヴィリングJ.A.ヘンケルス◇メロンボーラー 39704-000

価格:1,080円
(2017/12/4 18:13時点)
感想(2件)

7、残りのクリームをサンドイッチの側面と表面に(ケーキのアイシングのように)塗り、きゅうりのリボンをサンドイッチケーキの周囲にそっと貼りつけます。

8、 次に、表面を飾りつけます(パレットナイフで表面を平らにするのを忘れずに!)。

9、スライサーでビーツのピクルスを薄い円形にスライスし、オーガニックレモンもごく薄くスライスします。

10、 最後にサンドイッチケーキの表面を飾りつけていきます。きゅうりのボールで表面を縁取ります。
次にサーモンの薄切りを指に巻きつけてバラの形にし、スライスしたビーツのピクルスや薄切りのレモン、ディルの葉と一緒にケーキの表面に配置していきます。
イクラを散らして、サーブするまで冷蔵庫で冷やしておきましょう!!(3時間以内)。

 

最後に

レイチェルのおいしい旅レシピいかがでしたか?

なんともおしゃれな料理ですよね♪

パーティで作ったら喜ばれそうですね!

レイチェルが旅する国の景色や料理も楽しみです\(^o^)/

次回はスペイン・バルセロナです!

パリの小さなキッチン Classic French recipes wi [ レイチェル・クー ]

↑ ↑ レイチェル・クーレシピ本もあるようです!!

 

Sponsored Link