THIS IS US(ディス・イズ・アス)36歳第8「感謝祭」のあらすじ感想をまとめてみました。ネタバレあるのでご注意ください!!

 

キャストの相関関係はこちらをどうぞ

→海外ドラマTHIS IS USのあらすじやキャストは?高橋一生が声優出演!

Sponsored Link



 

 

THIS IS US~36歳これから第8話「感謝祭」あらすじネタバレ

ディスイズアス8話感想ネタバレ

 

80年代のジャックとレベッカと子供達(ピアソン家)

ピアソン家の家族は、感謝祭を過ごすためレベッカの実家へ行く準備をしています。子どもたちはおばあちゃんの家にいくのをとても嫌がっています。本当はレベッカもジャックも自分たちだけで感謝祭をしたいと思っていますが毎年のことなので、実家へ向かいます。ところが途中で車がパンクしてしまいます。

しかたなく家族みんなは長時間夜道を歩いて遠くのガソリンスタンドに辿り付きますが、感謝祭で休みだからレッカー車は出せないといわれてしまいます。

家族は近くの小さなホテルに泊まることになります。風変わりなホテルの受付は昔の入植者「ピルグリム・リック」の仮装をしていました。

部屋の暖房は故障して暑過ぎ、食べるものもなく、夕食にはガソリンスタンドで買った冷たいホットドックとクラッカーだけ、テレビも壊れているという最悪な状況で子どもたちは非常にご機嫌ななめになってしまいます。

そこでジャックは子どもたちを喜ばせるために、「ピルグリム・リック」を装い、部屋の暖炉の火でホットドックをあたため、特製チーズドックを作り、ホテルで借りたコメディー映画ポリスアカデミー3のビデオを見ることにします。

レベッカは、ケイトがチクチクするから来たくないと言っていたケイトのセーターの毛糸を解きながら、順番に感謝することを言おうと提案するのです。

いつもと違う感謝祭に子どもたちは大喜びします!

以後、この日の出来事を再現することが、ピアソン家家族の感謝祭の伝統行事になるのでした。

 

現代:ランダルの家に感謝祭でみんなが集まります

家族揃ってランダルの家で感謝祭のお祝いが開かれます。

ランダル、妻のベスに子どもたち、ウイリアム、ケビン、ケビンの舞台の相手役のオリビア、ケイト、そして母レベッカと再婚相手のミゲルです。今回でミゲルとレベッカはやはり再婚したのだということが明らかになりました。

ケイトはダイエットをやめたトビーと一緒にいるのがつらくて、少し距離を置きたいと告げ、1人で家族が集まるニューヨークへ向かいます。ケビンは共演者のオリビアを招待します。

ランダルは母と実父と一緒に祝えることを最高に喜んでおり、ご機嫌で感謝祭の準備をしていました。

実父ウィリアムが感謝祭の日には仲間との演奏を録音したテープを聴いていると知ったランダルは、彼の家にテープを取りにいきます。ウイリアムの家は遠いのですが、最後の感謝祭になるかもしれないのでテープを聞かせてあげたいというランダルの優しさです。しかし、ウイリアムの家で、ウイリアムに宛てた古いレベッカからの手紙を見つけ、母が実父ウイリアムのことを自分にずっと隠していた事実を知ってしまうのです。

ショックを受け帰宅したランダルは、レベッカに怒りをぶちまけ、感謝祭の食事の場から出ていってしまいます。

ランダルと入れ替わりにやっと到着したケイトが現れ、胃のバイパス手術を受けることにしたと発表しますが、みんなは何も言えない空気で場面は終わります。

Sponsored Link



 

 

THIS IS US~36歳これから第8話「感謝祭」の感想

 

 

ケビンとオリビア

オリビアは途中で嫌になり帰ろうとするのですが、ウイリアムの言葉で、帰るのをやめ素直になりケビンの元に戻ります。そのウイリアムの言葉がとても素敵で号泣でした。

「死ぬってどんな気分?」といつものようにストレートになんでもズケズケというオリビアの質問にウイリアムは「自分の周りに人生の美しいものが浮かんでいるのをつかもうとする感じだ。孫の寝息、息子の笑い声その美しいものたちをつかもうとする感じ。しかし、今ではスピードにおいつけずうまく掴めない。そして次第に孫の寝息や息子の笑い声も形がなくなって消えていく。今は時間が無限にあるように感じるだろうがそうじゃない。だからカッコつけるのはやめてその人生をつかみとりなさい。まだ若くてつかめるうちに。おもっているよりもすぐ歳をとり鈍くなる。そうなれば何もつかめない。」と答え、オリビアにアドバイスします。

それを聞いたオリビアはケビンの元に戻り、一緒に感謝祭を過ごすことにするのです。オリビアの心にウイリアムの言葉が響き、オリビアの人生が変わりそうな感じでした。ケビンとオリビアの関係がよくなっていきそうです。

 

ミゲルとケビン

母の再婚相手、ミゲルに対してはケビンもランダルも未だにあまりよく思っていないようです。言葉の端々に嫌味や皮肉がこもっています。

過去の時代に、ジャックが子どもたちを喜ばせるために、「ピルグリム・リック」の帽子をかぶって現れたのが今でも感謝祭の伝統行事となっていて、毎年ケビンとランダルが交代でピルグリム・リックの役を帽子をかぶって変装し、ランダルの子供たちの前に現れるのですが、その役をミゲルが今年は自分にやらせてほしいとケビンに申し出ます。

しかし、ケビンはあれは父さん(ジャック)の帽子だと言い、断ります。

でも、いざそれをやるときにケビンはミゲルに帽子をゆずり、ミゲルにやってもらうのです。感動のシーンでした!!

ミゲルとの関係も今後徐々にうちとけていくのかもしれません。

 

出演俳優たちのトーク

NHKの公式サイトで、俳優たちがドラマのストーリーの背景などをトークしているのが深くて面白いです!

今回は、トビーとジャックとケイトの登場です。チェックしてみてください(^^)よりドラマが面白くなりますよ!

出演俳優たちのトーク第8回感謝祭

 

 

最後に

傷ついてしまったランダルは、母レベッカを許すことはできるのでしょうか。

今後の展開がますます気になるTHIS IS US 36歳これから

次回は第9回「家族旅行」です!!!

それぞれの行方が楽しみですね~(^^)

 

 

関連記事

THIS IS USの第7話あらすじ詳細とネタバレ感想!「世界一の洗濯機」

THIS IS USの第6話あらすじ詳細とネタバレ感想!「レッスン」

THIS IS USの第5話あらすじ詳細とネタバレ感想!「スーパーボールの夜」

THIS IS USの第4話あらすじ詳細とネタバレ感想!

THIS IS USの第3話あらすじ詳細とネタバレ感想!

THIS IS USの第2話あらすじ詳細とネタバレ感想!

THIS IS USの第1話のあらすじとドラマの感想ネタバレ

海外ドラマTHIS IS USのあらすじやキャストは?高橋一生が声優出演!

 

Sponsored Link