レイチェルのパリの小さなキッチンがNHKで2017年10月16日から再スタートされました(^^)

Episode3巣ごもりタルティフレットレシピをまとめてみました!

じゃがいもをマッチ棒サイズの千切りにして「巣」をつくり、中にとろっとろのチーズを封じ込めたじゃがいもとチーズのお料理です(^^)

レイチェルのパリの小さなキッチンのレシピのマドレーヌ

イギリスBBC制作で大ブレイクした、超カワイイ料理番組!

イギリス出身でパリ在住の料理人レイチェル・クーが、小さなアパルトマンのキッチンで、レイチェル流フランス風おうちごはんを披露するおしゃれで可愛い番組です(^^)パリ好きな私にとっては何もかもが超ツボなのです!

2012年にイギリスで初放送後、世界100カ国あまりで放送された番組の日本語版。
昨年夏に放送後、日本でも大きな反響のあり、レギュラー番組となって更にバージョンアップしての登場だそうです。楽しみですね(^^)

 

Sponsored Link



 

 

 

 

レイチェルのパリの小さなキッチン!巣ごもりタルティフレットの材料

レイチェルのパリの小さなキッチンの巣ごもり

・バター      大さじ1(柔らかくしておく)
・じゃがいも(煮崩れしにくいメークインなどが最適)      500g
・タマネギ1個     (みじん切りにしておきます)
・ニンニク1片     (みじん切りにしておきます)
・ローリエ     1枚
・角切りベーコン      200g
・白ワイン     100ml
・ルブロションチーズ      250g(角切りに)

 

※ルブロションチーズとは?

ルブロション AOP 約450g ウォッシュチーズ フランス産

おいしい空気とフレッシュな牧草を食んだ牛のミルクから作られる「山のチーズ」。おだやかでやさしくフレッシュな味わいがあります。かつて、牧場主の目をごまかすために、一度で乳を全部搾り切らず、二度目に搾った乳から作られたそうで、「再び搾る」という意味の名前が付けられたそうです。面白いですね(^^)

クセが少なく、食べやすいそうです。 また、このチーズは、同郷サヴォワの冬の名物料理「タルティフレット」に使用されることでも有名だそう!まさにレイチェルのレシピに合うのですね!(^^)

 

 

Sponsored Link



 

レイチェルのパリの小さなキッチン!巣ごもりタルティフレットの作り方レシピ

1、オーブンを180℃に温めておきます。6個のマフィン型に、柔らかくしたバターを塗っておきます。

2、ジャガイモの皮をむいて、スライサー(または包丁)でマッチ棒状に細く千切りにします。

3、タマネギ、ニンニク、ローリエ、角切りベーコンを大きめのフライパンで炒めます。ベーコンがきつね色になったら、白ワイン100mlを加えて、大さじ2杯ほどの量になるまで煮詰めていきます。煮詰まったらローリエの葉を取り出します。

4、3にジャガイモを混ぜ入れ、火を止めたら、ルブロションチーズの角切りを入れて混ぜます。

5、マフィン型に6等分して入れ、オーブンで15~20分ほど焼きます。焼き目がつき、ふつふつとしてくるまでこんがりと焼きます。

 

 

まとめ

またまたレイチェルのおしゃれなレシピですよね!おしゃれなのにとっても簡単ですので、是非作ってみてください!!

次回の放送も楽しみにしたいと思います(^^)

パリの小さなキッチン Classic French recipes wi [ レイチェル・クー ]


関連記事

レイチェルのパリの小さなキッチンレシピ!牛肉のブルゴーニュ風煮込みEp2

レイチェルのパリの小さなキッチンレシピ!卵のココットEp2

レイチェルのパリの小さなキッチンのインテリア~レイチェルのアパルトマン~

レイチェルのパリの小さなキッチンレシピ!クロックマダムマフィンEp1

レイチェルのパリの小さなキッチンレシピ!マドレーヌレモンカードEp1

レイチェルのパリの小さなキッチンレシピ!子羊と春野菜の煮込みEp1

 

Sponsored Link