2017年6月1日からはがきが値上げされ、1枚52円から62円になっています。
年賀状の場合は出す期間や条件を満たせば52円のままで送れます。私製はがきを年賀状にする場合は?など52円で出すことのできる期間や条件をまとめてました。ややこしいことになっているのでご注意くださいね。

 

 

Sponsored Link



 

 

 

第1条件(期間) 年賀状の料金を52円で出せる期間は?

年賀はがきを52円で差し出すことができる期間は、

2017年12月15日(金)から2018年1月7日(日)までです。

 

 

1月8日以降に年賀状を出す場合の料金

2018年1月8日以降に出す場合は、

さらに10円分の切手を貼り足す必要がありますので、ご注意ください。

 

12月14日以前に年賀状を出す場合の料金

2017年12月14日以前に出す場合、

こちらもやはり、さらに10円分の切手を貼り足す必要がありますので、ご注意ください。

 

 

第2条件(はがきの形態) 料金52円となるはがき

日本郵便が発行する年賀はがき

日本郵便が発行する年賀はがきについては、12月15日から翌年1月7日までの間に限り、52円で差し出すことができます。

 

※2018(平成30)年用年賀はがきの販売開始日は2017年11月1日(水)です。

 

私製の年賀はがき

私製はがきを使用して年賀状を差し出される場合は、12月15日から翌年1月7日までの間に限り、52円で差し出すことができますが、必ずはがき表面の見やすい位置にはっきりと「年賀」の文字を朱記してください。

私製はがきの年賀状

12月15日から翌年1月7日までの間に私製はがきを使用して年賀状を差し出したとしても、「年賀」の朱記がないものは、通常はがきの料金(62円)の適用となり、一般の郵便物として年内のお届けとなる場合がありますので、ご注意ください。

Sponsored Link



 

Q&A  Q 1月7日の夜に年賀はがきを郵便ポストへ投函した場合、料金は52円になりますか?

A     1月8日の最初の取り集めまでに郵便ポストに投函されたものについては、年賀はがきの料金(52円)が適用されるとのことです。

しかし、あまりにギリギリも気になりますよね。早めに出すようにしましょう(^^)

 

まとめ

年賀状料金が52円で出せる期間や条件についていかがでしたか?

第1条件の期間と、第2条件の「年賀」と赤く記されていること両方が満たされないと62円となり、さらに年内に届いてしまう場合もあります。また、場合によっては相手に不足分を払わせるなんてことも・・・

とてもややこしいですよね・・・・・・遅すぎても早すぎてもだめなので充分にお気をつけください!!

 

また、もちろん、寒中見舞いや喪中はがきは、年賀状ではないですので62円となります!

こちらもあわせてお気をつけくださいね(^^)

 

関連記事

サンタさんからの手紙をもらうには日本の郵便局で申込むと簡単!12月1日締切!

 

Sponsored Link