THIS IS US(ディス・イズ・アス)36歳第3話「秘密」のあらすじ感想をまとめてみました。ネタバレあるのでご注意ください!!

私がこの秋最も楽しみにしているNHK放送のドラマ「THIS IS US 36歳これから」。

 

第3話では少しずつ謎が紐解かれ始めましたね!

それでは第3話「秘密」をまとめます(^^)

 

キャストの相関関係はこちらをどうぞ

→海外ドラマTHIS IS USのあらすじやキャストは?高橋一生が声優出演!

Sponsored Link



 

 

THIS IS US~36歳これから第3話「秘密」あらすじネタバレ

(80年代のジャックとレベッカとウイリアム)

3つ子の子育てが始まったところから話がスタートします。それはもう大変!ジャックとレベッカは3人の赤ちゃんの世話で疲労困憊。また、特に消防署で捨てられていて引き取ることになった赤ちゃんがレベッカの母乳を飲もうとしないことにレベッカはストレスを感じています。ちなみにケイトとケビンはくっついて離れないそうで、さすが双子ですね。現代の2人もいつも一緒にいる本能的な絆が表されています。

レベッカは、実は病院を退院する日に、黒人の男性が病院の玄関でこちらを見ているのに気づきます。捨てられていた赤ちゃんの父だ!と直感したレベッカは、後日、ウイリアムを探し当て2人で話します。

80年代でレベッカとウイリアムは一度会っていたのですね!!

ウイリアムはレベッカにランダルの実の母親とバスの中で出会いを話します。彼女に詩を読んであげて仲良くなり、「あの子は(ランダル)愛から生まれた」とレベッカに説明します。ランダルの実の母親はその後、薬漬けになってしまったのでした。

レベッカはウイリアムからいきさつを聞き、いい時もあったようで安心したといいます。

ウイリアムはほんの時々でいいので、あの子に会えないかとお願いしますが、レベッカは断ります。自分が前に進むために、ウイリアムがランダルを取り戻しに来ないかを確かめに来たというのもあると、ウイリアムに告げます。「あの子があなたにもらったのは、血とあの毛布だけ。合わないと約束して」と。ウイリアムは承諾します。

そしてなかなか、ランダルと心が通わないので悩んでいることをウイリアムに話します。実は最初はジャックとレベッカは引き取ったウイリアムの赤ちゃんに、死産した子につけるはずだったカイルという名前をそのままつけていました。

心が通わないと聞いたウイリアムは、「名前を変えたら?」と提案します。レベッカはウイリアムがランダルの実の母親に読んであげた詩人の名前を聞きます。するとウイリアムは「時が来たらあの子に渡して」と言い、一冊の本を差し出します。それがランドリー・ランダルの詩集だったのです。

次のシーンで現代のランダルの部屋の本棚が映りますが、そこにはその詩集があるのです!レベッカはちゃんとランダルに詩集を渡したのですね!!

家に戻ったレベッカはジャックと話し合い、お互い死んだ赤ちゃんのことが忘れられないという気持ちを共有します。そしてカイルの名前を変えようと提案します。

そして最後に、ランダルに母乳を与えると、なんとランダルは飲みだしたのです。「Hi、ランダル!」とレベッカが言って3話は終わります。

 

(現代のケビンとケイトとトビー)

ケビンはニューヨーク行きにむけて非常にテンションがあがっています。ケイトにも当然一緒に行こうと言います。

プロ並みに上手なケイトの鼻歌を聞いたトビーは、ケイトに自信を取り戻してもらうべく、ケイトに君はスターだ、今日一日俺に来れと言って、ケイトを車にのせ、連れて行った先は老人ホーム。人前で歌うなんて死んでも無理とうケイトが少しでも歌いやすいようにとの配慮でアットホームな老人ホームでの舞台を用意したのです。

恐る恐る緊張もしながら歌い出す、ケイトですがだんだん活き活きしてきて本領を発揮!老人の方々から拍手喝采で、トビーも感動していました。ケイトも解放された自分を実感します。

その後、ケイトとトビーはいいムードになるのですが、そんなところにパニクったケビンからケイトに電話が入ります。ケビンのところに行くというケイトにトビーは怒ります。君が本気で好きなんだとトビーはケイトに告げますが、ケイトはケビンのところに行ってしまいます。

その一連のいきさつを後で聞いたケビンは、ケイトと距離を置き、互いに成長しようと言い出します。ケイトのためを思ったのですね。

そしてケビンは一人でニューヨークに行きます。

ケイトとトビーは仲直りすることができます。

 

Sponsored Link



 

 (現代のレベッカ:(3人の母)とウイリアムとランダル)

第2話の終わりにランダルの家を訪れたレベッカとミゲル(ジャックの同僚)。ランダルはレベッカにウィリアムのことを話します。

自分がウイリアムを探し出したことを告げ「母さんや父さんに不満があったわけでは絶対にない。」とレベッカに言います。レベッカもそれは理解しているようです。「正直なところ子供の時から親に会ってみたかった」ということもレベッカに伝えます。

レベッカはウイリアムと2人で話をしたいと言いだし、2人で話をはじめます。

 

「あの約束は?」とレベッカはウイリアムに聞きます。「あの子には言わない、それは心配ないよ」とウイリアム。レベッカは本当はランダルはウイリアムを合うことができたのに、自分が隠していたと知ったら、ランダルが傷つくことを恐れているのです。ランダルには80年代で交わした約束事を今後も言わないことをお互い確かめ合います。

そしてレベッカはウイリアムに、ランダルが今後もあなたを助けようとし、仕事よりも家庭よりもあなたを優先する、そういう子であること、それにあなたは見合うのかしら?と問いかけます。

ウイリアムはそのレベッカの言葉で、自分はやはりここにいるべきではないと思い、再び姿を消してしまいます。ランダルはウイリアムがいなくなっていることにすぐ気づき、探し出し説得をして予定通り病院に連れていきます。

病院の検査の結果は、やはりガンがあちこちに転移していて、手の施しようがないという残念なものでした。

ランダルはもっと早く探し出すべきだったと悲しみ悔やみます。

 

ランダルは、ウイリアムに「今日の結果はだめだったけどあきらめない」と告げます。そして、娘達におじいちゃんであることを説明するとも告げます。2人は話を始め、実のお母さんとウイリアムの出会いの話がはじまるところでシーンはおわりました。

 

THIS IS US~36歳これから第3話「秘密」感想

ウイリアムの過去が明らかになってきましたね。実は、病院に捨てたランダルを見に行ったり、時々会えないか?とレベッカにお願いしたりしていたのですね(涙)ウイリアムのランダルを想う気持ちが分かって良かったです。

 

会わないでほしいというレベッカの気持ちもよく分かります。それだけ、本気でランダルを愛し、育てようとしているのですよね。

 

ケイトが老人ホームで歌っている歌にのせて、画面は80年代でウイリアムをさがしているレベッカと、現代でガンの検査をうけているウイリアムをいったりきたりするところが、見事ですごかったです。80年代と現代の切り替え方や話の筋道の組み立て方が、視聴者の心理をめちゃくちゃ考え抜いているものだなと思いました。

 

ケイトが歌ったのはシンディ・ローパーのタイム・アフター・タイム!久しぶりに聞きましたがやっぱりいい曲ですね(^^)

[期間限定][限定盤]タイム・アフター・タイム~ザ・コレクション/シンディ・ローパー[Blu-specCD2]【返品種別A】

 

今回はケビンの出番が少なかったですが、ケイトに今まで頼り切っていたのが分かりました。ほんとにケイト無しでニューヨークでやっていけるのか、疑ってしまいます(笑)しかし、ケイトのためを思っていつまでも自分がケイトを引っ張ってしまっていたらダメだと思ったところは、なかなかいいヤツですね(^^)

 

トビーの老人ホームのサプライズにはびっくりしましたね!!あそこまでやるとは!!ケイトのことを考えて今はケイトの一番の理解者なのかも!ケイトと幸せになってもらいたいです。

 

ミゲルとの関係は明らかにはなりませんでしたが、ミゲルがレベッカをハニーとよんでいたのに気づいてしまいました(笑)

 

最後に

第3回のみなさまの感想はどんなだったでしょうか?

このドラマは1回見ただけでは気づけず、2回、3回とみると気づくこともありますよね。私が気づいていないところを教えていただけると嬉しいです(^^)

 

次回は、

THIS IS US(ディス・イズ・アス)36歳第4「プール」です。

1週間あいて、11月29日(日)23:00からの放送のようですね。

楽しみに待ちたいと思います(^^)

 

関連記事

THIS IS USの第7話あらすじ詳細とネタバレ感想!「世界一の洗濯機」

THIS IS USの第6話あらすじ詳細とネタバレ感想!「レッスン」

THIS IS USの第5話あらすじ詳細とネタバレ感想!「スーパーボールの夜」

THIS IS USの第4話あらすじ詳細とネタバレ感想!

THIS IS USの第2話あらすじ詳細とネタバレ感想!

THIS IS USの第1話のあらすじとドラマの感想ネタバレ

海外ドラマTHIS IS USのあらすじやキャストは?高橋一生が声優出演!

Sponsored Link