あてなよる」NHKBSプレミアムの料理家大原千鶴さんとソムリエ若林英司さんが選ぶ究極の酒と肴(^^)の番組。

第十九夜きのこで呑むレシピお酒銘柄をまとめます!

この番組のレシピは呑みながらパッと作れちゃうのに美味しいので最高なんです!!!なんでも大原千鶴さんは飲まない日はないほどお酒が大好きなんだとか!だからこんなお酒のつまみのレパートリーがたくさんあるんでしょうね。

ゲストは草刈民代さんと金子貴俊さんでした(^^)

Sponsored Link



 

 

きのことさつま揚げの早ワザおでん

あてなよるのきのこの早わざおでん

 

材料(二人分)
・しいたけ(4個)

・エリンギ(2本)

・丹波しめじ(1/2パック)

・さつま揚げ(3枚)

・スダチ(1個)

・水出汁(300cc)

・薄口しょうゆ(大さじ1)

・塩(小さじ1/4)

・水出汁
※1リットルの水の入った容器に5gの昆布、10gの鰹節を入れて3時間以上置いたもの

水出しは雑味のない安定した味が出せるそうです(^^)

 

作り方
・さつま揚げを縦半分に切り、串に刺します。

・水出汁、薄口しょうゆを入れた土鍋に、切ったさつま揚げを入れ火にかける

※出汁が冷たい状態でさつま揚げを入れるのがポイントです!

・しいたけ、エリンギ、丹波しめじを網を使って炙り、塩少々ふります。

あてなよるのしいたけ
※しいたけを焼くときは、必ず笠の内側(白い方)を上にして焼きます。美味しい旨みを含んだ水分が、下に向けるとこぼれ落ちてしまうのを防ぎます。

・鍋が煮立ってきたら、炙ったしいたけ、エリンギ、丹波しめじを入れ、煮込みます。
約1分煮込んで完成です。

※スダチを絞っていただきます

♪こんなに簡単におでんが出来たら最高ですね!簡単におでんのうまみを出すためにきのこを先に焼くのだそうです(^^)

 

合わせたお酒
老舗メゾンのシャンパン

銘柄ルイ・ロデレールです。

 

ワインギフトにおすすめ!【送料・紙箱込み・案内付き】 ルイ・ロデレール・ブリュット・プルミエ [ボックス入り] / フランス シャンパーニュ / 750ml / 発泡・白

老舗中の老舗メゾンで世界的にも最上級のシャンパーニュだそうです。

シャンパーニュとおでん!!合わせてみたい!!(^^)シャンパンの酵母のうまみがおでんの出汁やしいたけのうまみと合うそうです!シンプルな料理だからこそシャンパーニュなんですって!

 

まつたけと和牛のすき焼き

あてなよるのきのこのすき焼き

材料

・松茸(2本)高価なものである必要は無いそうです!放送ではブータン産

・牛肉(150グラム)

・青ネギ(2本)

・砂糖(大さじ1)

・しょうゆ(大さじ1)

・牛脂(一欠片)

・水(30~50cc)

 

作り方
・松茸は笠と軸に切り離し、洗ってそれぞれを割く
・鉄鍋を火にかけ、牛脂の油入れます。そこへ牛肉を入れ、砂糖、しょうゆを加え肉に絡めるようにして焼きます。

※砂糖としょうゆは1:1の比率がポイントです

・牛肉に軽く火が通ってきたら、松茸を入れます。焦げ付きそうなら水を加え、さらに、砂糖、しょう油(各小さじ1)を松茸にかけ、絡めるようにして松茸を焼きます。

・松茸がしんなりしたら、細く斜め切りしたネギを加え、さっと炊き、ネギがしんなりしたら完成

ポイント=牛肉と松茸、両方にまんべんなく味がつくように、砂糖、しょう油は2回に分けて入れる
ポイント=砂糖としょう油の割合は1:1 これが絶対比率

 

♪松茸のすき焼きなんて贅沢!でもお高い松茸じゃなくても良いそうなので嬉しいですね!

 

合わせたお酒
フランス・ボルドー産赤ワイン(メルロー種/2011年)

こちら銘柄調査中です(^^)分かり次第お知らせ予定!

※松茸の土の香りとメルローにも土の香りのニュアンスがあり、相性がよいそうです(^^)

きのこ類にはメルローなんですね!!覚えておこう!

Sponsored Link



 

ロックフォールの干しえのき巻き

あてなよるのブルーチーズときのこ

材料

・干しえのき(石づきをきりおとし、バラバラにしてザルにのせ天日で半日干す)

干すと濃厚な味わいになるそうです!

・ロックフォール(フランス産) ※ブルーチーズです。

 

作り方

約1cm四方のロックフォールを、干しえのきで包むように巻きつけて完成

あてなよるのきのこのロックフォールをえのきでまいたもの

ロックフォールはあまり多いとキノコの味がわかりにくいので控えめにします。

♪えのきのうまみとブルーチーズの味わいが最高に合うそうです。すごくおしゃれですね(^^)

噛めば噛むほどえのきの旨味が溶け出して、チーズの味わいと絡みだします。3年くらい噛んでられると金子さん!(笑

しいたけゴルゴンゾーラ焼き

材料
・しいたけ

・ゴルゴンゾーラ(イタリア産) ※ブルーチーズです。

・しょうゆ

 

作り方
・しいたけの軸を切り取り、笠の内側にゴルゴンゾーラを塗るように詰め込み、ガスレンジで焼きます。
・焼いている途中にしょうゆをかけます。ゴルゴンゾーラが少し溶けてきたら、しょうゆを2、3滴かけ、さらに1分ガスレンジで焼き完成

あてなよるのきのこのしいたけのゴルゴンゾーラ焼き

♪しょうゆをかけるというところにグッときました!私はトースターで焼きました(^^)すっごく美味しいです!!

 

合わせたお酒
フランス・ソーテルヌ産 貴腐ワイン(セミヨン種)

銘柄はシャトー・ルーミュ・ラコスト・クラシック2014でした!

シャトー・ルーミュ・ラコスト・クラシック ハーフサイズ 375ml [2014] <白> <ワイン/ボルドー>


格付けシャトーに勝るとも劣らない、超高品質貴腐ワイン! 白桃や洋梨のコンポートに似た甘くとろけるような口当たりは、セミヨン100%の貴腐ワインならではの味わいだそうです。

貴腐ワインは甘いので苦手でしたが、このようにブルーチーズのうまみや塩気、きのこのうまみと合わせるとよいのだと勉強になりました(^^)今度やってみたいと思います!

 

きのこたっぷり酸辣湯麺

あてなよるのレシピできのこの酸辣湯

材料
・冷凍きのこ(しいたけ、まいたけ、えのき、各1/2パック)

・豚バラ肉薄切り(50グラム)

・塩コショウ(適量)

・片栗粉(適量)

・青ネギ(1本)

・にんじん(10g)

・生姜(5g)

・豆腐(1/4丁)

・春雨(15g)

・チキンスープ(500cc)

・サラダ油(小さじ1)

・濃い口しょう油(小さじ1)

・水溶き片栗粉(片栗粉:小さじ2、水:大さじ1)

・米酢(大さじ1)

・ラー油(少々)

・菊の花(少々)

 

作り方

・春雨は戻しておきます。

・豚バラ薄切りを千切りにし、塩・コショウをし、片栗粉をまぶします。

・鍋にサラダ油をひき、豚バラを炒めます。千切りにしたにんじん、生姜を加え、さらに炒め、軽く火が通ったところで、チキンスープを入れ煮込みます。

・約2分煮込んだら、濃い口しょう油を入れ、味を整えます。

・さらに細長く短冊切りにした豆腐と冷凍きのこを加え、沸いたら水溶き片栗粉を加えスープにとろみをつけます。さらに春雨を入れ煮込みます。

・最後に米酢を加えて完成。器に盛り、青ネギの刻んだもの、菊の花、ラー油をかけます。

 

合わせたお酒
スペイン産シェリー酒(オロロソ/18年)

銘柄はおそらくサンチェス ロマテドン ホセ オロロソ 18年 

シェリー酒も甘いので苦手分野でしたが、紹興酒のように中華に合わせるといいんですね(^^)

オロロソの酸味は酢をきかせた中国料理に合うそうです。酸味には酸味が合うとのこと。

最後に

きのこの冷蔵技を私も取り入れようと思いました!

これから旬のきのこも、こんな風にオシャレにお酒に合わせるとより美味しいでしょうね(^^)

この秋はたくさんきのこをいただきたいと思います!!!

 

関連記事

あてなよる第二十夜「巻き巻きで呑む」で今宵もお酒を楽しもう!簡単酒の肴おつまみレシピ

あてなよるレシピ第十八夜「唐辛子で呑む」で今宵もお酒を楽しもう!簡単酒の肴おつまみ

あてなよる第十七夜「にんにくで呑む」で今宵もお酒を楽しもう!簡単酒の肴おつまみレシピ

あてなよる第十六夜「イカで呑む」で今宵もお酒を楽しもう!簡単酒の肴おつまみレシピ

 

Sponsored Link